ドローンの法律

国土交通省 無人航空機登録ポータルサイトはこちら↓

【無人航空機】ドローンNAVIドットコム

スポンサーリンク

 

Amazonプライム無料体験

 

ドローンニュースDrone News 2022

 

2022年11月16日

Watch how アマゾン is preparing for safe drone delivery

2022年11月12日

【12月5日制度開始!】無人航空機国家ライセンス制度について11/24無料説明会開催!

 

2022年10月27日

ウクライナ軍が地上のロシア兵にコントローラーのモニターを見ながら爆弾投下させるとき

 

小型民生品ドローンなので装着できる爆弾や手榴弾の量には限度があるが、空から落とすので殺傷力もある。死に至らせなくともロシア兵の手足が吹っ飛んでしまうような重傷を負わせる方が、そのような負傷兵の介護が必要となるため軍全体への負担は重い。

 

2022年10月25日

鹿屋アメリカ軍無人機、運用軍が開設式 当月中に推進開始へ 海自鹿屋航空基地

 

海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)への米空軍無人索敵機MQ9のしばらく展開計画で、米空軍は23日、運用部隊の発足式を同基地内で執り行った。当月中に進展を始める狙い。中華人民共和国への警戒監視を強めるとして1年間、8機を配備する。

 

防衛省によると、軍名は「第319遠征偵察中隊」。マキシマム200人くらいが駐留し、全ての人が鹿屋市内の客舎に泊まる。公務外の行動ルールはない。

 

 

2022年10月24日

イラン、西側「圧力」に警報 ロシアへの無人機供給説めぐり

 

イラン政府は22日、ロシアがウクライナ攻撃に使用したとされるイラン製無人機についてヨーロッパ諸国が国連(UN)の調査を求めたことについて、「刺激的なアプローチ」だと諌めた。

 

 

 

 欧州連合(EU)と英国は先に、あらためてイラン制裁を発動。21日にはフランス、英国、ドイツが、イラン製無人機に関する「公正な」検証を行うよう求める書面を国連に送付した。

 

 イラン外務省のナセル・カナニ(Nasser Kanani)報道官はコメントで、「イラン・イスラム共和国は、EUと英国がしている挑発的なアプローチについて、政治的な思惑がもたらすシナリオの一部だとみている」と主張。EUとイギリスによる「破壊的」な手法を「激しく拒否し、強く非難する」と言及するとともに、「(イラン政府は)いかなるいい加減な行動に対しても応酬する権利を留保し、国の利益を守ることをちゅうちょしない」と述べた。

 

 その状況下で、イランがロシアに無人機を供与したとの見方について「根拠がない」と再度拒否。「わが国は、政治的な経緯を通じたウクライナの平和と戦争の即時エンディングを賛同する」とした。

 

 

 

2022年10月17日

青森県むつ市ドローンパイロット部隊「Swan Wings」開始 トラブル時のスピーディな情報収集に

 

トラブル時の迅速な情報収集と考えられているもの等を狙いに、青森県むつ市は、市の職員による無人航空機=ドローンのパイロット部隊に着手し、操縦訓練を実施しました。 むつ市は災害時のDB収集などを目標に、市の職員28人によるドローンパイロット部隊=「SwanWings」をスタートさせ、14日は4つの部署から5人が参入して、ドローンの操縦訓練をしました。

 

市では2021年8月の豪雨災害で被害状況の把握などにドローンを導入していますが、パイロットを育成することで災害のほか観光といった広範囲に活用する狙いもあります。

2022年10月13日

「花火も凄かったが…」夜空を飾る“800機のドローン” 歌舞伎顔など3次元の光のプロデュースに「来てるな、未来!」と反応

 

夜空を彩る800機のドローン。歌舞伎顔や折り鶴など、まるで花火のような光の演出と3次元の反映に感動の声が寄せられている。

 

空に幾何学的なデザインが浮かびあがると、これが活動して折り鶴になった。光の演出と3次元の表現に圧倒されてしまう情景だ。  このムービーは、大阪府関西万博の開催地「夢洲」で執り行われた『夢洲超花火』と合わせて紹介されたドローンショーの様子。万博を沸き立たせるべく、LEDをのせた800機ものドローンが夜空を彩った。  投稿者が「夢洲超花火。花火も凄かったがドローンがヤバかった…!!!」とコメントを添付して、早送りにしたムービーを寄稿すると、インターネットから「ドローン凄い事になってるな」「来てるな、未来!って感じになるなあ」といったリアクションが寄せられている。

2022年9月30日

花火大会撮影のため 青森県内初 無人航空機「飲酒操作」で書類送検 

 

 

 

2022年9月26日

800機のドローンが夜空を彩る 日本国内最大レベルの新しいドローンショー 4万5000発の花火も 気象状況もOK 夢洲超花火

 

 

2022年09月24日

ドローン撮影 西九州新幹線「かもめの旅立ち」

 

2022年09月16日 (金)

軍事基地の街にアメリカ軍が来る…財界は「商機」と歓待ムード 無人偵察機運用部隊が近く鹿屋入り

 

2022年09月15日 (木)

グローバル無人航空機(UAV)構成物市場の収益、マーケット規模、販売高、売上高、販売価格の分析リポート2022-2028

 

 

2022年09月14日 (水)

中国軍の無人偵察機、台湾との中間線を初めて越境…周辺に相次ぎ飛来

 

 

2022年09月13日 (火)

【ルポ】ドローン攻撃で通信障害、復旧はどうする? ソウルの模擬訓練に行ってみた

 

 

2022年09月12日 (月)

革命的なスマート林業「すごい」 京都でドローンや人工知能技術など実演発表

 

高機能な林業機械や新技術を展示、演じる「京都林業のつどい」が、京都府南丹市日吉町で執り行われた。作業のスリム化や省力化を図るスマート林業の導入を促すのが狙い。林業関係者らが来場し、最先端の林業に触れた。  府の主催で8日開かれ、全国各地から約20社が出展した。

 

 

上道キカイ(和歌山県)は、資材を運べる大きなドローンを紹介。歩きなら行き帰りで1時間半かかる場所でも、ドローンを使えば5分ですむため、造林作業のかなりの負担軽減につながるとした。  リタプラス(大分県)は、重機に用いる軽油などを運ぶ専用容器を展示。結露しにくい構造のため、軽油に水が混じらず、エンジンのトラブルを防げるとした。

 

 恐竜のような外見の刃で木材を要領よく切断したり、割ったりできる切断機や、AIを使ってたくさんの木材の大きさをすばやく判別する技術、バイオマス発電などに使われるチップを生産する能力が高い破砕機も関心を引いた。  森林組合の担当者らは新機能に「すごい」とビックリしながら、価格や操作方法などを係員に質問して参考にした。

 

 

2022年09月09日 (金)

ドローンは私たちの未来の生活とDXとの架け橋となる

 

 

2022年09月08日 (木)

KDDIや飛島建設、ドローンで工事現場をリモート&自動で監視する実験

 

 

2022年09月07日 (水)

 

2022年09月05日 (月)

中華人民共和国大陸から台湾に相次ぐドローン (無人航空機)厦門市がフライト阻止に 現況鎮静化企みか

2022年09月02日 (金)

台湾陸軍は金門島直ぐ近くに飛来した、所属不詳のドローン(無人航空機)を撃墜と公表しました

 

台湾陸軍は台湾が実効コントロールする金門島付近に飛来した所属不明のドローン(無人航空機)を撃墜したと公表しました。 台湾陸軍の公表によりますと1日正午すぎ、台湾が実効支配している離島の金門島近辺の海域に所属不明のドローンが進入しました。陸軍は警報のためにシグナル弾を発射し、引き続き威嚇射撃を行ないました。 それでもドローンが引き返さなかったことからドローンを撃墜したということであります。

 

ドローン(無人航空機)は海に落ちたため、所有者は不明だということです。 中華人民共和国大陸に近い金門島周辺ではアメリカ人のペロシ下院議長が台湾を訪れた8月以降、中国大陸の方向から進入するドローンが日ごと、確認されていますが撃墜されたのは本日が初めての事です。

 

 

2022年09月01日 (木)

静岡の日本平ロープウェイにて「より端から端まで調査できる」ドローン(無人航空機)をフライトさせて機械点検しました

 

2022年08月31日 (水)

中華人民共和国ドローン(無人航空機)が台湾軍兵士に接近し中傷発言も

 

2022年08月29日 (月)

お買いもの困難者にドローン(無人航空機)配送、「新しいスマート物流」プロモーション中です

 

エアロネクストとセイノーホールディングス(HD)、電通北海道、北海道東川町は「公式のパートナー協定」を結んだ。取り交わしに基づき、29、30の両日に同町で物流飛行ロボット(ドローン)を活用したショッピング困難者の問題解決に向けた立証テストをおこなう。

 

エアロネクストはドローンと運送トラックを一緒にした「新スマート物流」を提唱し、セイノーHDと共同して各地で実践している。実証テストでは同町内の流通店舗、道の駅、レストランなどを活用し、買い物品配送サービスや保全商品配送サービス、食品デリバリーサービスなどを検討するプランだ。

 

 

2022年08月28日 (日)

DJIからシネマ向けドローン「Avata」登場

 

中国DJIはシネマ撮影向けのミニサイズドローン「Avata」を海外公表しました 最近の映画産業では、「シネフープ(CineWhoop)」として知られるコンパクトドローンが選ばれています。これはプロペラにガードをつけた小型ドローンに「GoPro」などのアクションカメラを積載して、自由でド迫力の視点を実現するというもの。DJIのAvataは、このシネフープスタイルの録画を可能にするものです。

 

Avataではホバリングやレーサーのような速度アップ、狭い所でのズームイン/アウト行いつつの動画撮影ができます。本体には4800万画素・1/1.7インチセンサーの手ブレ補正対応広角カメラを搭載。4K/60fpsや2.7K/50、60、100、120fpsでの撮影が可能となっています。フライト時間は最大18分間で、中には20GBの内部ストレージが内蔵されています。

 

Avataは既にあるコントローラー「DJI FPV Remote Controller 2」とFPVゴーグル「DJI FPV Goggles V2」だけでなく、新型FPVゴーグル「DJI Goggles 2」ともあわせて使えます。DJI Goggles 2は、前モデルよりも鮮やかなマイクロ有機ELスクリーンを搭載。

 

NEWコントローラー「DJI Motion Controller」は、片方の手で繁雑なフライト操作を行うことが出来ます。 DJI Avataは海外にて販売がスタートされており、ドローン単体では629ドル(約8万6000円)、DJI Goggles 2とDJI Motion Controllerとの合わせては1,388ドル(約19万円)とのことです.。

 

 

2022年08月27日 (土)

水不足の中国・四川省でドローンによる「人工降雨」テスト 5〜10ミリの雨が降ったか

 

猛暑と水不足が続く中国内陸に位置する地域の四川省で、ドローンによって人工に雨を降らせるテストが行われた。

 

25日、海抜3500メートルの滑走路から飛び立ったのは、中華人民共和国の国営企業が考案したドローン「翼竜(よくりゅう)」。「翼竜」は、雨粒を育てるための促進剤を雲の中にまきながらフライトし、約4時間後に着陸した。ウエザー当局によると、テストが終わった後、5ミリから10ミリの雨が降り落ちたという。  四川省では29日まで乾いた天気が続く公算で、当局はこの後もドローンで人工的に雨を降らせていくとしている

 

 

2022年08月25日 (木)

ドローン(無人航空機)やロボットを使用して…最先端技術で老朽化のハイウェイをチェック

 

2022年08月24日 (水)

へリ・ドローンも使用し70人態勢で行方不明になった2歳男子を捜索しまた、継続しています

 

家からいなくなった、2歳の男の子。 20日午後6時40分ごろ、富山・高岡市の保育園児・高嶋怜音ちゃん(2)が、自宅からいなくなったと、奥さんから警察に知らせがあった。 怜音ちゃんの行方がわからなくなってから、およそ45時間。 22日も、午前5時半ごろから捜索が再び開始されたが、際立った目撃情報などは集ってきていない。 近隣に住む人々は「自分も子どもがいるので、一報見て、いてもたってもいられなくなって。

 

できる限り早急に見つかってほしい」、「自分も2歳の子ども持っているんですけど、両親の方たちも心配だでしょうし、何か自分にできることはないかなと気にかけて」 22日も、たくさんの住民が、ウィークデーにもかかわらず、捜索に参加していた。 怜音ちゃんの母親「本当になんでも何事にも興味津々で、虫も好きですし、わずかの段差なら上る。

 

足取りとかも、ひるむことなく上るような子なので、2歳なので、はだしですので」 怜音ちゃんのお父さん「(母親が怜音ちゃんの)お姉ちゃんの頭をドライヤーで乾かしているその際に、勝手口のキーを自分で開けて、どうも出て出かけてしまったみたい」 母親が目を離した、ほんの5分の間に、一人で勝手口のドアを開けて外に出たと見られている。 怜音ちゃんの住まいの周りには、田んぼや、大小いろんな用水が流れるなど、多くの水辺がある。

 

20日の行先がわからなくなったその当時、高岡市には、大雨洪水警報がアナウンスされていて、川や用水の水かさが増えていたという。 20日に捜索に参加した人「(午後)7時半ごろ着いた時には、結構増水していた。そこの水の色がおかしいところぐらいまでは来てて、流れも速かったかな」 警察署や消防は、そばの川の河口付近まで範囲を広げ、へリやドローンを使って、地上と空から70人態勢で捜索を行なっている。

 

怜音ちゃんは、身長80cm、水色の半袖・短パンのパジャマを着用していたという。 警察や親御さんが、情報提供を求めている。

 

 

2022年08月20日 (土)

ウクライナ南部地方クリミアで対空防衛が作動との一報があります

 

ウクライナ南部地方クリミアの都市セバストポリで18日夜、サイレンが鳴り、対空ガードが作動したようだ。現場にいる目撃者がソーシャルメディアで報じた。 防空活動の中心は都市部から約9キロメートル離れた黒海沿岸の空軍基地すぐ近くとみられる。

 

セバストポリのラズボザエフ知事は自らのSNSテレグラムチャンネルで「予備データによると、このほどベルベク空港付近で無人航空機が対空防衛体制により撃墜された」と話した。 ラズボザエフ知事は「被害はない」と口にし、「攻撃成功」を語るウクライナのチャンネルを干渉しないよう国民に呼びかけた。

 

「落ち着いて信頼できる情報提供元から情報を手にしてほしい」とラズボザエフ知事は口にした。 CNNは対空防衛が作動することになった原因や、セバストポリでなにかしらの損害が生じたかどうかを自力では確認できていない。

 

 

2022年08月18日 (木)

【イラン・ドローン(無人航空機)開発企業】政府決断でロシアに供給 モスクワの兵器エキスポに出展


2022年08月16日 (火)

電波阻まれない監視ドローン、ラトビアからウクライナ軍に供与

 

2022年08月15日 (月)

8月27日と9月17日 多久市で操縦チャレンジ 「トイドローン」飛ばそう会を予定しています

 

子供でも飛ばせるオモチャの小型無人機「トイドローン」の操縦体験会が27日と9月17日、多久市東多久町の納所交流センター「くつろぎ」で行われる。多久市観光協会の主催。小学生をオーバーする初心者を対象として、ドローンを扱う上での注意事項などを学習しながらコントロールを喜んでもらう。

 

 同協会が進める体験型観光の1つ。圏内ではドローンによる配送サービスの実験が進められており、「ドローンのまち」をアピールしようと新しく計画した。  体験会は両日とも午前10時半、午後1時、同3時からの3回開き、各回1時間半程度。資格を持った人がベーシックな操縦を指導する。

 

農薬散布や測量などに使う産業用ドローンの出品もある。  事前予約が要る。定員は各回10人で先着順。小学生は御父兄の同伴が求められる。参加費用は一人千円。お申し込み、問合せは同協会、TEL0952(74)2502。

 

2022年08月14日 (日)

【ドローン達人】Yogibo Store名古屋栄店を飛ぶ

2022年08月10日 (水)

無人偵察機配備のため自衛隊の準備部隊が現地入りし鹿屋に米軍輸送機C12が2機飛来しました

 

海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)への米空軍無人偵察機MQ9一時展開スキームで、準備部隊のアメリカ軍スタッフ約10人が8日、在日米軍横田基地からC12小型輸送機2機で鹿屋入りした。アメリカ軍は3日から現地に入り、資機材の搬入・セッティングや民間サービス契約のエントリーを進めている。

 

飛行機を追尾する民間ネットワーク「フライトレーダー24」によりますと、2機は午後1時ごろ横田基地を離陸。午後3時半ごろに連続して鹿屋基地に着陸し、米軍人がスーツケースなどを搬出た。ビッグサイズの資機材を搬入する様子はありませんでした。  スキームは約2カ月の準備を経て9月ごろから1年間、無人機8機を配備。アメリカ兵ら150〜200人くらいが駐留し、みんな市内のホテルに寝泊りする。公務外の行動制限はないだろう。

 

 

2022年08月09日 (火)

ANA等はドローン(無人航空機)物流方法の安全・安心なフライトルート開発 を企画しています

 

ANAホールディングスとブルーストーンリンクアンドサークル(ブルーストーン)は8月8日、ドローン(無人航空機)のフライトルート設定に欠かすことのできない通信環境の品質レベルを明確化するサービスの共同研究開発に基本同意したと公表した。

 

ブルーストーンは、上空の通信ネットワーク環境のデータベースを入手し、独自アルゴリズムにて解析してビジュアル化することで、ドローン(無人航空機)の運航ルート開拓の判断支援を供する「Aerial Engineering Solution(AES)」を行っている。 双方の会社による協業では、ANAホールディングスが供するドローン配送サービスの通信領域に対しAESを活用し、安定的な通信環境を踏まえた運航ルート開拓の研究・開発に取り組むことで、ドローン運航のさらなるセキュリティー向上を図る。その上、ストックしたデータに基づいて、上空の通信に関するこれまでになかったサービスの推進を企てる。

 

 

2022年08月07日 (日)

台湾の金門島にドローン、光弾射出と国防部 馬祖にも飛行機が出現した

 

台湾の国防部は6日、5日遅くに金門島の上空をドローン(無人航空機)7機がフライトしたため、光源弾を放って牽制したと述べた。馬祖列島の上空にも所属不詳の航空機が飛来したため、同等の措置を行なった。 ペロシアメリカ合衆国下院議長の訪台に対して、中華人民共和国は大規模戦闘訓練をしており、台湾は用心を強めている。

 

 

2022年08月01日 (月)

ロシア「クリミアにドローン(無人航空機)襲撃」 ウクライナ軍は異を唱えているようです

 

ロシア当局は31日、ロシアが2014年に併合したウクライナ南部クリミア半島にドローンによるアタックがあり、6人が怪我をしたと語った。セバストポリにある黒海艦隊の命令設備が狙われたという。

 

セバストポリのラズボジャエフ市長は情報アプリ「テレグラム」に「ウクライナの国粋主義者たちが今朝、ロシアの『海軍の日』を無意味にしようとした」と記載した。「海軍の日」に絡むセバストポリのイベントはキャンセルになり、住民に対し「なるべく」屋内に残るようお願いした。 

 

これに対し、ウクライナ軍スタッフは31日、関与を否定し「クリミア解放はべつの手段でグンと効率良く行う」とテレグラムを介し抗議した。

 

 

2022年07月31日 (日)

BVLOS許可と5Gで運用が拡大するDrone-in-a-box

 

コロナ前から問題視されていた労働力不足を解決するため、様々な業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)がスピードアップしており、ドローンはロボットと同じく活用の場が拡大しています。

 

近頃は、充電ステーションと着陸パッドを備えている箱の中にドローンを収納し、状況次第で遠隔コントロールできるしくみを「DiaB」=Drone-in-a-box と言い、警備や検査、メンテ向けのハイレベルなソリューションと同じく供する仕事に関心が集まっています。
ドローンを使う専用ボックスは2016年頃から出て来ており、シンガポールをベースとするH3 Dynamics社が考案したオートマチック運用ドローンシステム「DRONEBOX」のサービスをブイキューブロボティクス・ジャパン社が全世界ではじめての提供をスタートしいます。

 

2022年07月29日 (金)

凡そ200haのドローン(無人航空機)の飛行場が阿蘇に予めスタートしました。キャンプ場との同時使用もできます。

 

株式会社コマンドディーは、熊本県阿蘇市に、全国最大級の広さ約200haの法人・団体向け貸し出しドローン(無人航空機)「阿蘇ドローン手形BIZ」のご予約受け付けをスタートさせる。 「阿蘇ドローン手形BIZ」は、元来は牛の放牧を行なっていた牧場。

 

東京ドーム40個を上回る大きな牧場スポットで、大型の木がほとんど無く、電波かつ見通しが申し分のない緩やかな平坦地である。万一の墜落時も牧草がインパクトを取りこみ、機体へのインパクトも少なく回収作業できる。ゾーンを通行できる私道を完備し、乗り物での追尾が可能。ドローン(無人航空機レースや試験フライト等、理想的かつ安全を保証しやすい状態である。

 

 

2022年07月27日 (水)

中華人民共和国軍の無人機TB001が沖縄本島と宮古島間を単独フライトでははじめて通り過ぎたようです

 

防衛省は25日、中国軍の調査・アタック型無人機「TB001」1機が沖縄県の沖縄本島と宮古島の間の上空を通り抜け、太平洋に入ったと述べた。中国軍の無人機が有人機を伴わずにひとりで同空域を飛ぶのはこれまでなかった。領空侵犯は見られなかった。

 

同省によれば無人機は東シナ海から飛来し、この空域を南下後、先島群島の南の太平洋上で巡り、台湾南部のバシー海峡にいった。航空自衛隊の戦闘機がスクランブルして対応した。同省で飛行目的などを調べている。

 

 

2022年07月26日 (火)

ラジコンヘリコプターの出品がヤフオク!やメルカリで増加中です。 ドローン(無人航空機)の登録制度が元になるのか?

 

ヤフオク!やメルカリで、ラジコンのヘリコプターの出品が急速に増加している。無人航空機の登録制度の施行が基になっていると見られる。  6月20日にスタートを切った無人航空機の登録制度では、ドローンに加えてラジコンなども、重さ100g以上の機体は無人航空機と同一で扱われるようになり、登録が義務化された。

 

近頃、ヤフオク!やメルカリなどでラジコンのヘリコプターや関連パーツの出品が後を絶たないのは、これらの施行がきっかけになってホビーとしてのラジコンをやめて機体を売り払う人が沢山含有されているからのようだ。

 

こういった現状ゆえ新しく入札する人もさほどおらず、入札がないまま終了する傾向が強いが、ヤフオク!ではこれの為に少ない人数が入札合戦を行なっている場合もあるなど、二極化している状況だ。部品単位での出品も多々あるので、この先もやり続ける意向の人にとっては、買い時と言えるかもしれない。

 

 

2022年07月25日 (月)

アメリカ合衆国政権、ウクライナに対しての米国製戦闘機供給を考えている

 

米国安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は22日、ウクライナにアメリカ製戦闘機を供与することを考えていると話した。 カービー氏は会談で戦闘機供与の可能性についてバイデン政権が暫定的な検討をしているとした上で、「僅かな間に可能にするものではないと」と言った。

 

その上、ウクライナへの2億7000万ドルレベルの新たに軍事支援についての細部も言明した。自爆型ドローン(無人機)「フェニックスゴースト」580機等提供する。

 

 

2022年07月25日 (月)

アメリカ政府、ウクライナへのアメリカ合衆国製戦闘機供給を思考している

 

アメリカ安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は22日、ウクライナにアメリカ製戦闘機を供与することを考えていると話した。 カービー氏は会談で戦闘機供与の可能性についてバイデン政権が暫定の検討をしているとした上で、「僅かな間に具体化するものではないと」と言った。

 

それに加えて、ウクライナへの2億7000万ドルレベルの新しい軍事支援についての詳細も言明した。自爆型ドローン(無人機)「フェニックスゴースト」580機等提供する。

 

 

2022年07月24日 (日)

アメリカは、ウクライナ応援で最新方式のドローン(無人航空機)を追加供給すると発売しました

 

アメリカ政府は22日、ウクライナについて約2億7000万ドル(約370億円)くらいの追加の軍需品支援をすると宣言した。  最新方式ドローン「フェニックスゴースト」や高機動ロケット砲機構(HIMARS)等が入るという。  ロシアのウクライナ侵攻幕開けからもうすぐ5カ月。

 

ブリンケンアメリカ国務長官は声明で「ウクライナ市民の為の私どもの関与がぶれることはない」と述べ、フォロー後続を表明している。

 

 

2022年07月22日 (金)

ウクライナ軍のドローン(無人航空機)3機が、南部地方ザポリージャ原子力発電所を攻撃した様子です

 

エネルホダル、ウクライナ、7月21日(AP)― ウクライナ南部地方ザボリージャ州の親ロシア派州当局は7月20日、同州北西部にある欧州最大規模のザポリージャ原子力発電所が、ウクライナ軍のドローン(無人航空機)を受けたと声明を出した。 ドローン(無人航空機)3機によるアタックで、発電所場内に爆発物が投下されたが、原子炉にダメージはなく、原子力発電所はいつも通り稼動しており、放射能漏れもありません。

 

 

2022年07月21日 (木)

ドローン(無人航空機)が乱れ飛ぶ未来へ、NICTの研究開発の過去と未来

 

世界的な規模でも急ピッチで広まる飛行ロボット(ドローン)市場を踏まえて、国は今迄原則的に許されていなかった有人地帯(第三者上空)での補助者なし目視外飛行「レベル4」を2022年度内に具現化するプランである。またこれからは航空機や空飛ぶくるまを含めた一体的な「空モビリティ」を発展・強化するという方針も示している。

 

NICTでは、10年ほど前から小型無人航空機(当時はまだドローンという呼称は一般的ではなかった)のもつ潜在力とその無線通信の重要性に眼差しをむけ、おもにトラブル時などで地上の通信インフラが使用不能になったケースのシナリオを前提とした追究開発を実施してきた。

 

とにかく各国の革新的な無人航空機について学ぶことを兼ねて、12年、軍用でグローバルに普及していたアメリカのエアロバイロンメント社製の手投げ式小型電動固定翼機(翼長2・6メートル)を民生用として導入し、これに独自開発の無線中継機をアップしてその特性評価をやってしまうともに、地上に臨時の無線LANスポットを形成するテストをスタートした。

 

次いで、15年よりドローンを目視外・見通し外で操縦・モニターするための中継用ドローンを用いた920メガヘルツ帯(メガは100万)マルチホップ中継機構「コマンドホッパー」の研究開発に着手、以後総務省が「無人移動体画像伝送システム」としてドローンやロボット用にシステム化した169メガヘルツ帯も追加実装し、今日まで電波が伝わりにくく携帯電話も範囲外が多い山間部を主としてその有効性を検証してきた。同年12月には日本国内では新しく「無人航空機」が定義された改正航空法が施行された。

 

またドローン(無人航空機)同士や地上との間でお互いの位置情報をダイレクトに共有できる機体間通信ユニット「ドローンマッパーR」の開発にも手をつけ、これを活用していくつかのドローン同士が地上を経由せずに直接協力して自律的に衝突を避け、またオートマチック追従による編隊飛行をおこなうことができることを21年度新しく実証した。

 

このような技術では最高10キロメートル程度までの距離で通信ができるため、ドローン(無人航空機)とヘリコプターの間に適用可能なことも示された。 ここからはさらに、無線通信に関した専門知識を生かしつつ対象をNEW「空モビリティ」にも拡充し、そうした統合的なセーフティ運用に役立つ無線通信技術の研究をやっていきたいと思っている。

 

 

2022年07月20日 (水)

エクセディは純日本製で手にできるドローン(無人航空機)用モーター、プロペラ、ESC(エレクトリックスピードコントローラー)の3点セットを作成しました

 

くるまの駆動系部品の生産開発を行うエクセディは、メイドインジャパンのドローン用モーター、プロペラ、スピードコントローラー(ESC)の3つを初めて開発し、Japan Drone 2022へ参考展示した。  エクセディは、2011年頃からクルマのハイブリッドエンジン等に使用するモーターの研究をスタート。この方法を生かし、急速な市場の成長が望めるドローン(無人航空機)のモーター開発に乗り出したという。
開発製品の一番の魅力は、純国産品でモーター、プロペラ、ESCの3点を備えることができることだ。この頃、ドローンのモーターは中国製品が大多数となっているが、エクセディはこれをベンチマークとして開発に努めている。これについて関係者は「近頃の中国製モーターは性能が高く、着用しているメーカーも多い。されど、納期が遅かったり、在庫の数が揃わないといったことが数多くある。国内で製造しているエクセディであれば、そういう類の流通面の課題をクリアすることができる」と言う。

 

 クリエーションするモーターはハイスペックの中国製品をベンチマークとしており、出力などは同等レベルになっている。しかし、単純に互角な性能を有した国産モーターというのではなく、お客さまニーズの高かった軽いなモーターの作成に同社は注力している。

 

使われるアルミ部品を主に軽くすることでモーター、プロペラ、ESCの3点でベンチマークにしている製品より15%の軽量化に成功した。  モーターはメッシュを採用して放熱性を高めている。防塵・防水規格のIP45を取得しており、水などが流入してしまっても漏電等の心配はいらないという。また、農薬散布機などで農薬が入ってしまった場合は水洗いする程度でメンテナンスは可能だ。

 

 同社は3点セットで揃えることを推奨しているが、取り付けは他社の製品とも組み合わせられる形状にしており、プロペラとモーターは汎用性も高い。なお、ESCはソフトウェアでモーターとの調整が必要なため、セット販売となる。同社は今年度中の販売開始の為に開発を進めている。

 

 

2022年07月19日 (火)

ACSLが作った新型日本製ドローン(無人航空機)のスペック

 

ACSLは、メイドインジャパン飛行ロボット(ドローン)の新しいタイプ「PF2―AE」のオーダー受付を8月にスタートする。お客さまのニーズが多い運搬、インフラ点検、災害・警備の3事業に使途を絞り、個々の必要性に合わせたメカニズムをプラスした。プライスは非公表だが、数百万円くらいと想定される。

 

機体の使いみちに特化して量産することで、カスタマーごとに仕様変更(個別対応)していた今までに機種よりコストダウンをはかる。既存の機種は年70―80台位のセールスだったが、新しい機種は2倍の同150台規模を目論む方針だ。 輸送向け機体は「PF2―AEデリバリー」、インフラチェック用は「同インスペクション」、災害・警備用は「同ディザスターリリーフ/パトロール」の物品名で実施する。

 

運搬に向けた可搬重量は1・5キログラム。2台の発信機により、離陸・着陸地点でのセーフティーな監視が可能だ。LTE通信を用いての映像とテレメトリー伝送などによって、見通しのよろしくないエリアでも目視外フライトができる。 インフラチェック用は、ズーム撮影機能搭載可視カメラや赤外線カメラ等4種類のカメラを実装可能で、クライアントの使いみちに応じて付け代え可能だ

 

 

2022年07月18日 (月)

ロシア代表団がイランの空港に ミサイル装着できるドローンを視察か?

 

アメリカホワイトハウスは16日、ロシアの代表団がイランの飛行場を訪問したとする衛星ショットを公表し、ロシアが武器搭載OKな無人機(ドローン)をイランから獲得しようとしているとの見解を示した。アメリカ合衆国は、ウクライナに攻撃を行うロシアにイランが協力することを注意を払っている。

 

 ホワイトハウスが公表した衛星フィルムによると、6月8日にイラン中部の飛行場を写した衛星写真にイランの無人機「シャヘド129」と「シャヘド191」のほか、ロシア代表団の「輸送方法」と目されるものが考察できたという。無人機はいずれもミサイル搭載可とされる。

 

 サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)はコメントで「ロシアの公式代表団がこのところ、イランのアタック可能なドローンを視察したとみている」と指摘。「ロシアが、イランの攻撃OKなドローンを入手することにこのまま関心を寄せていることをサジェスチョンするものだ」と口にした。

 

 アメリカ政府高官は「あきらかにウクライナでも運用するためだ」と記者団に話した。アメリカ側によると、ロシア代表団がこの空港をドローンの視察ことを目的として訪れたのが明らかになったのは6月が初めて。7月5日にも飛行場を訪れたのを確かめたという。

 

 

2022年07月17日 (日)

大韓航空は先端無人機の披露 で「大韓民国ドローン・UAM博覧会」に参加しました

 

大韓航空は今月16日までの2日間、ソウル高尺スカイドームで開かれる「2022大韓民国ドローン・UAM(都心航空モビリティ)博覧会」に参加すると15日、明言した。 この件と共に、ドローンを遠隔操縦して一定のコースを決まりに従って飛ぶ競技である2022国際航空連盟(FAI)ドローンレースワールドカップ行事もサポートする。

 

本年で3回目になった「2022大韓民国ドローン・UAM博覧会」は国土交通省が主催し、航空安全技術院・韓国国土情報公社・韓国交通安全公団がコラボレート主管する。 この度の博覧会で、大韓航空は電源ユニットと内燃機関を一つになって2時間以上のロング飛行ができるハイブリッドドローンと自律群集飛行技術を使用して航空機の外観を診断できる「インスペクションドローン」を公開する。

 

UAM出品部門では該当圏域のUAM管制役割をおこなう交通管理システムに捉われず、旅客・運送事業をよりセーフティに運航出来る様コントロールする運航統制システムも発表する。 大韓航空のスタッフは“わたしどもはUAMチームコリア戦略フォーラムにも加わり、SKテレコム・カカオモビリティ・ハンファなど他社と共に、この先、本格的に開幕するモビリティ時代の国土交通産業のこれからについてオピニオンを交わす予定”と回答した。

 

 

2022年07月16日 (土)

鹿児島県鹿屋市で米軍無人偵察機(ドローン)の一時配備受け入れで住民趣旨説明をしましたが、地区の皆さんは賛成反対様々でした 

 

米軍の無人偵察機(ドローン)を海上自衛隊鹿屋航空基地に暫時配置するスキームを受け入れる方針を取りまとめた鹿児島県鹿屋市の中西市長が13日夜、地元で住民オリエンテーションをしました。人々からは賛否種々の見解が聞かれました。 鹿屋支局・春山たかよ記者「近々住民説明会が始まります。

 

直々に、内容をお聞きしたいとたくさんの市民が集合しています」 住民説明会には75人が集合し、中西市長のにプラスして、防衛省の担当官が壇上にあがっていました。 説明会では鹿屋市の係員が、米軍関係の事件や事故の初動対応等のため、常に対処出来る連絡窓口を整えることや、事故防止のため通勤にはマイクロバスを用いることなど、防犯面でのスキームをコメントしました。

 

 

2022年07月14日 (木)

ロシア軍・ウクライナ軍ドローンに日本の国産エンジンが!

 

 

2022年07月13日 (水)

米無人機配備 鹿屋市長是認 賛成反対の声交錯「断れない」「治安悪化が心配」「議論が不十分」

 

海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)へのアメリカ軍無人機一時的展開計画をめぐり、中西茂市長が受け入れる意向を掲げた11日、住民からは賛成反対いろんな意見があがった。議論不足の指摘や市民生活を守るよう求める声も続いた。

 

市長が裁決を示した市議会全員協議会。1時間超に及んだ質問と答弁のやりとりを市民数人が傍聴した。計画反対の決議の採択を議会に陳情した同市永野田町の無職境田幸子さん(68)は「残念な結果」とがっかり。「市長は安全保障環境の悪化という防衛省の常套句を述べていて、自らの考えが弱い気がする。市民本位ではなく国本位に感じる」と指摘した。

 

 配備反対を掲げる「鹿屋にアメリカ軍はいらない大隅住民の会」代表の松下コ二さん(84)=同市旭原町=は「市長は市民が少しでも理解できるように苦心惨憺(さんたん)して判断したのだと思う。市には計画を断る力はなく、甘受する以外にないという空気を感じた」と推し量った。  その一方、無人機は近隣諸国との軍事的な摩擦につながる危険性があると指摘。

 

「戦争で犠牲になるのは一般人。今後も反対し続ける」と力を込めた。  「市長の判断を評価したい」と語るのは同市串良町岡崎の個人事業主下村幸男さん(70)。「周辺諸国の軍はやりたい放題で、日本だけでは止めることはできない」と理解を示した。その状況の下で「1年限りとしている配備期間は延長されるだろう。(駐留米兵らによる)治安の悪化が一番心配なので、トラブルが起こらないようにしてほしい」と注文した。

 

2022年07月12日 (火)

UTM研究開発の昨今の現状、多くのドローン(無人航空機)が自由自在に飛行する未来を支援する

 

UTM(UAS Traffic Management)とは、有人航空機のATM(Air Traffic Management)と同様の交通管理/管制の考え方である。されど、有人航空機に比べるとかなり多様かつ多数の飛行が考えられ、またその運航にかけられる費用が限定される無人航空機に対して、管制官や地上設備による現行の航空交通管制同様の方法は選択できない。

 

UTMでは情報通信テクノロジーというものを使用することで自動制御化された情報シェアと調整の仕組みを可能にする必要がある。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2017年度にはじまった経済産業省/新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に参加し、情報通信など異分野異業種の民間法人や研究所と連携一緒になって運航管理システム/UTMを作っている。

 

JAXAはシステムのトータル設計を請け負い、民間の会社による何種類かの運航管理システム/サービスから創出される分散協調型システムの運用目標を定義すると共に、シミュレーターを使った検証・評価を実施してきた。

 

更には、同一の空域を飛行する有人航空機のフライト情報をシェアして安全を確保するとともに、アクシデント時には運航統制を出来るようにするための研究開発などを行っている。 無人航空機が運航者の目視範囲を超えて安全に運航できる様になり、配送などに利用が拡がると、なお更広域を飛行できる機体が要求される。

 

JAXAでは、わけても広域災害におけるスピーディな状況判断や緊急物資輸送への活用を考えて、従来のマルチコプターと言われる機体と比べ遥かに長距離を高速でフライトOKな固定翼型及びティルト・ウイング垂直離着陸機(VTOL)型の無人航空機機構やその飛行コントロール技術などを開発して、民間企業などへの技術移転を実施している。

 

加えて、その運用に於いて課題となっているオートマチック化レベルの良化を目指した研究開発を実践している。 JAXAは、それらの研究開発によって、空飛ぶくるまも含めた斬新なモビリティーシステムの実現に役立つとともに、無人航空機の応用拡大を通じて災害対応のみならず多種多様な社会課題の解決に役立つことを目標としている。

 

 

2022年07月10日 (日)

ゴルモバ株式会社がドローン車検制度へ向け、同社全国代理店を車検受け付け窓口として機能させるべく、システムの開発をスタート!

 

ゴルモバ株式会社(本社・東京都品川区)は、2022 年12 月に施行される公算であるドローン車検制度に向け、国内のゴルモバ代理店を車検窓口として整える管理システムの構築をスタートいたしました。 ゴルモバ株式会社は、世界初めての訪問型携帯販売サポートシステムをスタートさせており、このネットワークもドローン車検制度の周知を高める啓蒙活動という意味において有効利用をスタートさせる所存です。

 

2022年07月07日 (木)

ドローン(無人航空機)のショーが室内ドローンショーのサービスをスタートしました

 

2022年7月5日、ドローンショーは、施設内ドローンショーのサービスをスタートしたことを喧伝した。  インドアドローンショーは、発光ダイオードを載せた複数台の小型ドローンを施設内で飛ばし、ハートや星等々の情景を打ち出すエンタメである。

 

野外でのドローンショーは、広いスペースが必要となり、航空法や電波法による決まりがあるなど実践するためのファクターは多いですが、インドアドローンショーは、20m四方、高さ5mが得られる場所であれば規制なくできてしまう。  ショッピングセンター内でのイベントや音楽ライブ活動、ムービー撮影の演出に捉われず、既にあるイルミネーションと関連させた動くイルミネーションなどへの活用がイメージできる。  活動プランは100万円からで、ドローンの機体数や実施回数などでメニューが変化する。

 

 

2022年07月06日 (水)

来年度、奄美の島でドローン(無人航空機)を使った資材輸送のトライアルが行われます

 

鹿児島県・奄美大島南端や有人3島などで構成される瀬戸内町で6月、定期船の欠航時や災害時、お年寄りなど「買物弱者」のフォローを目論んだドローン(無人航空機)による物資輸送の確認テストがスタートした。使い勝手の確認や島民へのレクチャーなどを終了して、早ければ翌シーズンの運用スタートを企てる。

 

町の係員は「持続可能な町づくりの事を考えても必要になる」と言っている。 町は2020年10月、日本航空や三井住友海上火災保険などなど4社と、ドローン(無人航空機)を使用して地域問題の解消を目指す連携協定を取り交わした。 徐々に、テストを反復して気象や通信状況などの情報を収集し、安定性のUPを目標にする。利用しやすさなどに関連する島民へのガイダンスも開きたい。

 

 

2022年07月05日 (火)

2022年12月に実施する予定のドローン(無人航空機)の新たな法律を学ぶ。

 

操縦者による操縦者のための無人航空機の操縦に関係した教育、指導及び資格認定、検定テストを展開する日本無人航空機免許センター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:松本 篤史、以下 JULC)は、2022年12月施行するドローン(無人航空機)の新法律を無償で学べるセミナーを、3回(2022年7月26日、8月26日、9月28日)にわたり実施します。

 

新しい制度は2022年7月中に全容が決定する予定で、その内容も本セミナーに採用します。また、ご参加いただけた方からの質疑応答の時間も設けますので、ぜひとも事前参加エントリーください。第三者上空の目視外飛行(レベル4)の実現に向けて、「航空法の一部を改正する法律」が、2022年12月に施行されます。機体登録や国家操縦ライセンスなどが開始され、現在のところ、制度やルールの整備がなされてています。

 

現行の法律と異なる運用も今後必要となりますので、本セミナーで懇切丁寧にレクチャーいたします。全てセミナーは収録され、JULC会員のために後日視聴もできます。

 

 

2022年07月04日 (月)

世界で初めて挑戦し、牛の受精卵をドローン(無人航空機)で配送のテスト…時と揺れが減少され妊娠率が向上 しました

 

北海道上士幌町で1日、小型無人機「ドローン(無人航空機)」を使用して和牛の凍結保存していない獲れたての受精卵を届ける実証テストが行われた。同町と協力し、ドローン(無人航空機)で配達を行った「ネクストデリバリー」(山梨県)は、「牛の受精卵のドローン送付は世の中初」としている。 和牛の受精卵を乳牛に移植した代理出産は全国各地で展開されている。いままで、受精卵は乳牛のもとへ貨物自動車で陸送されているが、この度はドローン(無人航空機)で運んだ。 テストでは、町内にあるJA全農の建物で、1日朝に採卵された和牛のフレッシュな受精卵の入ったポットが荷造りされ、ドローンに取り付けされた。 離陸したドローンは高さ約70メートルまで上がり、約7・1キロ離れた同町更進地区の熊谷牧場に約13分間で届けられ、すぐさま乳牛に移植された。お産は来年5月になる思惑。  ネクストデリバリー社の田路圭輔代表取締役は「空中を飛ぶドローンによる配達は、貨物トラック輸送よりスムーズに済み、揺れも少ない。 今後は、量産効果などで配送代も確実に下がっていく」と語った。  テストに手を貸したJA上士幌町の小椋茂敏組合長は「配送時間が少ないほど、振動が少ないほど、受胎率は上がる」と指摘。ドローンによる受精卵配送への期待を表明した。実験は今後、季節ごとに行われ、生まれた和牛の肉質もチェックし、具現化への課題を考えていくという.

 

 

 

2022年07月03日 (日)

 

2022年06月28日 (火)

T-KIDSシェアスクールは、ドローンを使ったイベントを7月17日から柏の葉蔦屋書店で夏の恒例イベントの「あそまなび大作戦」を開催予定です

 

T-KIDSシェアスクール、7月17日から柏の葉蔦屋書店で夏の定例イベント「あそまなび大作戦」をオープン T-KIDS株式会社は、7月17日から8月28日の夏のお休み期間中、柏の葉蔦屋書店で夏季の恒例イベント「あそまなび大作戦」を実施する。

 

このイベントは、たくさんの課題を「あそびながら学ぶ」ことで、学校では得られない「ワクワクからの学び」を実現するという。DNAを抜き出す科学実験や、プロフェショナルの魔術師による魔術体験、活躍中のバカロレア講師によるイングリッシュアート、エキスパートによる昆虫標本づくりなど、それの道のプロから学習できる36種類以上のイベントやワークショップを経験できるとしている。

 

ピックアップイベントでは、ドローン制作やコントロール体験のほか、花火づくりワークショップなどが行なわれる。

 

 

 

開催日:2022年7月17日?8月28日

 

場所:T-KIDSシェアスクール柏の葉(千葉県柏市若柴227-1 柏の葉T-SITE2F)

 

対象年齢:3歳から中学生まで

 

 

2022年06月24日 (金)

ウクライナ北東部に於いて、ロシアは自国から自爆ドローン(無人航空機)の越境攻撃を開始しました

 

ウクライナ軍当局者はは22日、ロシア軍は自国内部からウクライナ北東部スーミ州への越境爆撃に自爆型のドローン(無人機)を展開していると報じた。

 

本携行式のドローンは弾頭を装備し、着弾時にさく裂する。コンパクトで使い切りとなっており、発射時に乗せたカメラと全地球測位システム(GPS)を活用して近くの敵の標的を明確にし、コマンドを受けて突っ込む。 クラスノピリヤ町は迫撃砲の爆撃を4度受け、このドローンの来襲も繰り返しあったとした。けが人が4人出たという。

 

自爆ドローン関しては米国のバイデン政権もウクライナへの多量サプライに乗り出した。ウクライナも米国に支給を求めた武器のリストの中にこのドローンを入れていた。

 

2022年06月22日 (水)

DJIは、無人航空機 登録義務化に伴うリモートID対応機種の対応計画 を発表しました

 

DJI JAPAN 株式会社は、2022年6月20日よりスタートした無人航空機の登録義務化により、国内向けに取り扱っている一部機種に関し、ファームウェアアップデートによる内蔵リモートID機能対応をスタートいたします。

一般向けドローン DJI Mini 3 Pro、DJI Mavic 3、DJI Mavic 3 Cine、DJI Mini 2、DJI Air 2S
業務用ドローン Matrice 300 RTK、DJI Matrice 30、DJI Matrice 30T
農業用ドローン AGRAS T30、AGRAS T10

 

2022年06月21日 (火)

Skydio製品は、リモートID機能を搭載しドローン(無人航空機)の登録義務化に対応 しました

 

AIによる自律フライトテクノロジー上の世界的リーダーであるSkydio合同会社(東京都港区)は、国内で取り扱う機体においてリモートID機能を載せたことをお伝えいたします。このたび加えたリモートID機能は、2022年6月20日からスタートした無人航空機の登録義務化に対応します。クライアント側で機体およびアプリのファームウェアアップデート完了後に登録プロセスを行っていただきコンプリートとなります。

 

 

2022年06月20日 (月)

国土交通省はドローン(無人航空機)の登録義務の受付けをスタートしました。法を犯した者には懲役か罰金が課せられます。

ドローン(無人航空機)(無人航空機)など無人航空機のオーナーに登録を義務づける制度が20日、スタートした。電源を含め重さ100グラム以上が対象。アクシデントやトラブルの場合、所有者をスピーディーにクリアにする思惑。無登録の飛行を禁じ、違反した人には1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。

 

国土交通省によれば、17日時点で約21万件の事前登録があった。  ドローン(無人航空機)は撮影や測量、農薬散布など活用先が拡大している。それとは反対に、2021年度は86件の事故、トラブルが国交省に報告されており、安全対策を拡充させる。  人口集中地区での飛行など航空法に基づいた規制対象も20日、従来の200グラム以上から、100グラム以上に広がった。

 

 

 

2022年06月17日 (金)

共同印刷とイームズロボティクスはドローン(無人航空機)飛行情報確認ユニットを協力し作製する予定です

 

2022年6月15日、共同印刷は、イームズロボティクスとドローン(無人航空機)飛行情報確認システムを共同作成したことを公表した。8月中にこのユニットのサプライし始めるスケジュールである。この頃はドローンによる無許可飛行や利用禁止区域の飛行事案が度々起きている。こういったあり方から、2022年6月より改正航空法を基にドローン(無人航空機)の登録が義務化される。

 

機体はIDを表示・送信するように定められ、セッティングされていないドローンを飛ばすことは禁止される。このことより、国土交通省が謳う「事故発生時における所有者の把握」「事故の原因究明や安全確保」「安全上問題のある機体登録を拒否することによる安全の確保」が期待できる。共同印刷は、情報安全体制を活かして機体から発信されるIDをビジュアル化、記録することでデータを管理し、空の危険防止をアシストするシステムづくりを志すとしている。

 

 

2022年06月16日 (木)

千葉県警察は、男性をドローンで撮影・投稿の疑いで 会社員を逮捕 しました

 

ネットを介して知り合いになった男性が家で日々を過ごしている様子をドローンで何度も収録し、SNSに載せたとして29歳の男のサラリーマンが千葉県警に捕まりました。 捕まったのは長野県松本市の会社員、國松優樹容疑者(29)です。

 

警察署によれば、被疑者は、新潟県に住む30代の男性が家で過ごしている姿をドローンなどの方法で撮影し、映像をWEBやSNSに載せたとして、新潟県の迷惑防止条例違反の疑惑が持たれています。撮影は一昨年1月から昨年5月にに亘ってあわせて69回に上り、映像は「監視している」という意味の書き込みとともに投稿されたということなのです。

 

千葉県警は迷惑行為などを規制するためWEB上のパトロールをしていたら、書き込みを見つけ、捜査を行なっていました。調べ上げに対し「違いありません」と嫌疑を受入れているということであります。2人はネットで知り合いになったということで、警察は細かい事実関係を調べています。

 

 

2022年06月15日 (水)

米Amazonはカリフォルニア州でドローン(無人航空機)の配送実験を開始しました

 

アマゾンはアメリカ時間6月13日、物流システム「Amazon Prime Air」の実証実験をアメリカ合衆国カリフォルニア州ロックフォードで行うと言明した。  ロックフォードは、サクラメントの南に位置している小さい町。アマゾンは、米連邦航空局(FAA)及びロックフォードの地元当局とチームを組んで、このエリアでのドローンフライトの認可を得た。  

 

アマゾン Prime Airのドローン(無人航空機)は、検知および回避の仕組みを利用してフライトの安全性をキープすることで、他の飛行機、人間、ペットなどのバリアーを100パーセント避けることが出来るという。  このシステムのサプライが始まると、ロックフォードに住むアマゾンユーザーは、Prime Airを対象にした品物をWEBで注文し、ドローン(無人航空機)が宅配してくれるようになる。

 

ドローン(無人航空機)は目標地点までフライトし、お客さまの裏庭で高度を下ろしてセーフティーな高さから積み荷を降ろしたのち、飛んでいく。  同社は長期に亘って従前よりドローン研究を継続してきており、2020年にはFAAからドローン搬送の承認を得たが、同翌年には一旦計画を縮小していた。 これのニュースは外国Red Ventures発のニュースを朝日インタラクティブが日本を対象に再構成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ動画!農業ドローン、農業ラジコンボート