ドローンNAVIドットコム(航空法の許可申請方法)

ドローンNAVIドットコム

航空法の許可申請方法

このページでは、航空法で定められている禁止事項に対し許可を得るための申請方法を要約して解説します。

ドローン関係の航空法がよく分からない方は、先にドローンと航空法をご覧ください。

以下のような「許可・承認書」が取得できますので、最後までがんばってください。
なお、「許可・承認書」を取得できるまで早くても10日位は掛かりますので、余裕を持って早めに申請してください。
drone

 

drone-navi.com

「許可・承認書」は水戸黄門の印籠ではありません。
飛行マニュアルを遵守し、安全対策を行った上でドローンを運用してください。

 

 

それでは、早速スタートします。

 

10時間以上の操縦練習を行う

当然ですが、ドローンを上手に飛ばせなくてはなりません。
経験者の監督の元、許可など必要が無い条件下で、十分に練習してください。
特に、業務でドローンを飛ばす人は「対面飛行、8の字飛行など」もいつでも安定して操縦できるようにしてください。
くれぐれも練習するときは、航空法などの違反には、お気をつけください。
仕事が終わってからの夜間練習とかも基本ダメですよ〜

 

 

申請書をダウンロードする

国土交通省で専用フォームが用意してあります。
Word形式です。ダウンロードは、こちら

 

申請手続きに必要な書類は以下になります。
(様式1)無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書
(様式2)無人航空機の機能・性能に関する基準適合確認書
(様式3)無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書

 

国土交通省が認定している「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」から技能証明を取得している方は書類を省略できるものもあります。
取得されたドローンスクールで確認してください。

 

記載の例を見て書類を作成する

drone-navi.com
申請理由は簡潔かつ正確に、人口集中地区(D,I,D地区)の申請をする場合には、第三者の物件30メートル以内規定も一緒に申請しましょう!

 

DJIのドローン(マビックやファントム)などは、資料の一部を省略して申請書を作成できます。
(例は、人口集中地区の飛行許可申請書の場合)
・省略できる無人航空機での作成例こちら
(資料の一部を省略することが出来る無人航空機)

 

・一般の無人航空機での作成例はこちら

 

省略可能な申請書類について
団体及び名称を記載することで添付に代えることができるマニュアル

 

団体及び名称を記載することで添付に代えることができるマニュアルは、無人航空機の飛行の申請にあたり、申請書 様式1の「無人航空機を飛行させる際の安全を確保するために必要な体制に関する事項」に名称を記載した場合には提出が不要となります。

 

今般、「航空局標準マニュアル」を名称を記載した場合に提出を不要とするマニュアルとすることとしましたので、ご活用ください。
なお、今後、他の団体等の作成するマニュアルについても随時認定・ホームページ掲載を行うことを予定しています。

 

飛行場所を特定した申請で利用可能な航空局標準マニュアル
標準マニュアル01は、こちら

 

飛行場所を特定しない申請のうち、以下の飛行で利用可能な航空局標準マニュアル
(空港周辺の飛行と150m以上の飛行では利用できません)
標準マニュアル02は、こちら

 

記載した申請書を提出する

まずは出来上がった申請書を、電子メールで送付しましょう。
メールアドレスは、以下に記載してあります。

 

申請書の提出先について
許可・承認の申請書については、飛行開始予定日の少なくとも10日前(土日祝日等を除く)までに、
 ・空港等の周辺又は地上等から150m以上の高さの空域における飛行の許可の申請(法第132条第1号の空域における許可申請) → 空港事務所長
 ・それ以外の許可・承認申請 → 地方航空局長
に、それぞれ郵送などで提出する必要があります。なお、最寄りの空港事務所を経由して地方航空局に申請を行うことも可能です。各地方局、空港事務所の連絡先等については、以下の「許可・承認申請書の提出官署の連絡先」をご参照下さい。

 

許可・承認申請書の提出官署の連絡先は、こちら

 

空港周辺及び150m以上の空域を飛行する際には、空港等設置管理者及び空域を管轄する機関との調整が必要です。 事前に調整を行い、管理者等の了解が得られてから申請を行ってください。
管理者等との調整先については、以下の「空港等設置管理者及び空域を管轄する機関の連絡先」をご参照下さい。
空港等設置管理者及び空域を管轄する機関の連絡先は、こちら

 

もう一度、申請書と申請先をよく確認してください。

人口集中地区で飛行を行う場合の申請先は以下のお住まい対象の東京航空局、又は大阪航空局になります。
直接、窓口に行っても受付してくれるようですが通常は、

 

以下に記載した航空局宛に電子メールで出来上がった申請書を添付して送ります。

 

受付されると、受付お知らせメールが届くと思います。
通常、1週間から10日くらいで、修正するところがあればその依頼内容が書かれたメールが申請者のメールアドレスに返信されることになります。

 

申請書に修正依頼が無ければ、印刷した紙の申請書の提出依頼がメールで届くはずです。
返信用封筒に切手を間違いなく貼って書類一式を所管署宛送って「許可・承認書」が届くのを待ちましょう。

 

【申請先】
・空港等の周辺又は地上等から150m以上の高さの空域における飛行の許可の申請する場所
ここの該当する空港事務所

 

・それ以外の許可・申請場所(人口集中地区の飛行、夜間飛行,物件投下など)

東京航空局 保安部 運用課 無人航空機審査担当
メールアドレス cab-emujin-daihyo@mlit.go.jp
(北海道 東北 関東 甲信越の各地方と静岡県の方)

大阪航空局 保安部 運用課 無人航空機審査担当
メールアドレス cab-wmujin-daihyo@mlit.go.jp
(北陸 東海 近畿 中国 四国 九州の各地方の方)

疑問なことが有れば以下に電話しましょう
国土交通省・無人航空機ヘルプデスク 電話:0570-783-072
受付時間 : 平日 午前9時30分から午後6時まで(土・日・祝除く)

 

詳細は、国土交通省のページで確認してください。

 

【DJI公式】【即日発送】Mavic Pro 賠償責任保険付 4Kカメラ 小型ドローン 【送料無料】
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー
トップページ ごあいさつ 掲示板 サイトマップ お問い合わせ

先頭へ戻る